カテゴリー: 美容の雑学

化粧をしやすくする

No Comments

美意識が高い女性
そもそもコントロール色彩って何?「肌の赤みがメイクでも隠しきれない。」「シミやそばかす、クマやニキビ跡が見過ごせない。」「たくさん見過ごせないところをコンシーラーで隠していたら、すごい厚化粧になってしまった。」なんて経験した事はないのですか??そのようなトラブルをうす塗装で解消してくれるのが「コントロールトーン」です!コントロールトーンは、肌をより肌の完成具合を一層清純にしてくれるありがたい化粧下地です。

しかしどのお色も顔概要にべっとりぬってしまうと不自然さが出てしまうので配慮が必須です。

それでは、色別に解説していきます!・赤みを抑制するグリーン 赤ら顔・りんご頬・ニキビ跡・小鼻に赤みがあるケースに使用します。

 ベース、赤みを食い止めるため使用するので、赤っぽい他のお色の 『桜色・オレンジ・パープル』避けた方が良いです。

・肌のくすみが引っかかる事例にはイエロー クマ・くすみ・シミ・そばかす等に使用します。

 特にクマやくすみ、シミ、そばかすがひどく引っかかる方は、 イエローや橙は明度が高く、肌なじみが良いので推奨です。

・元気に見える桜色 貧血気味などで血色、顔色が悪い方に。

 誰もが羨む色白ですが、血の気のない顔(血色が悪い) 色白を通り越して青白い肌の方に推奨です。

・肌に透明感を与えてくれるブルー 特にブルーは白浮きしてしまいやすいので、塗布過ぎは禁物です! 薄くカラーリングあげるのが艶やかに仕上げる秘訣です。

 同じような影響があるのが紫です。

 透明感・絢爛な華麗な肌に完成てくれます。

・立体感を出してくれるホワイト のっぺり顔・立体メイクをやりたい。

 シミやそばかす、クマがひどい。

 肌光沢が望む方にイチ押しです。

Categories: 美容の雑学